VTブログ

「眼が不自由な犬との暮らし方」

今回は私の尊敬する方の一人、小林義崇先生が監訳された「眼が不自由な犬との暮らし方」についてご紹介します。

小林先生との出会いは、以前参加した眼科セミナーの講師を務めていらっしゃったことがきっかけでした。

私がセミナーへ参加した理由は、飼い主さんとのある出来事から。

「白内障で視力の低下していく愛犬の側で、飼い主さんが不安を感じているとき、看護師としてどう声をかけてあげるべきだったか・・」

その答えを見つけるヒントを得るためでした。

 

セミナーへ参加して以来私は、その答えが1つではないと気が付きました。

診察が出来る身ではないため、せめて自分なりの言葉や接し方で、愛犬の失明と向き合う飼い主さんのサポートが出来ればとの想いがより一層高まり、今まで以上に犬の眼科疾患に興味を持ち、また視力を失った愛犬との向き合い方についても調べていきました。

 

その当時、私が発売を心待ちにしていた書籍が「眼が不自由な犬との暮らし方」。

ここには眼科疾患の詳細から遊びや日々の接し方など幅広く書かれています。

中でも印象的だった内容が、飼い主が愛犬の視点から書いた「眼が見えないことが良いトップ10」という10項目の内容。

例えば、「ぼくの飼い主が床に散らばった洋服やガラクタをきちんと片付けるようになった」など。

飼い主さんが向き合えるようになるまで時間は必要だと思います。

しかし、その時間は決して悲しみだけではない。私は多くの飼い主さんが、今までと同じような笑顔を愛犬に向けて行くことが出来ればと望んでいます。

この10項目は、そんな現実と向き合う飼い主さんの心を揺するものだと感じました。

そして、この中に書かれている視覚に関する様々な事柄は、愛犬の失明と向き合う飼い主さんだけでなく、それをサポートする専門家の方々にもぜひ読んでほしい内容となっています。

最後に小林先生の言葉で書かれている「眼が不自由になる前に、眼が不自由にならないことについても考える」こと。

病気によっては失明を防ぐことが出来る可能性も高く、加齢に伴い発症率の上がる白内障も「仕方がない」ではなく、予防や手術といった方法があります。

飼い主さんの選択肢も増えている現代の動物医療において、私も一人の専門家として何が出来るのか、考えていく必要性を重く受け止めました。

<追伸>

まだ正確な治療法が確立されていない病気もあります。その1つが「突発性後天性網膜変性症」です。現在も研究中ではありますが、著書の中では英文をそのまま訳し、書かれています。ご理解の程お願い致します。

VTブログ

三者目線で聴く飼い主さんの声

過去、動物病院のスタッフとして飼い主さんと接していたとき、私は来院される飼い主の満足度がどれ程のものなのか、とても気になっていました。

 

実際に今現在、飼い主と病院の間に立って第三者の視点でお話を聞くと、飼い主はここぞとばかりに通院している病院の事を話してくれます。

その内容は様々で、中でも多いと感じたのはご自身の気持ちを抑えて病院や担当医を気遣う言葉。

飼い主自身は、治療内容や薬の種類に不安がある、質問したいことが他にあるが躊躇してしまう、といった心のモヤモヤを抱えていますが、その抱えてしまう理由を尋ねると、先生の事を疑っているようで申し訳なく思う、忙しそうで中々聞けない、などと言った飼い主の受け身な姿勢が伝わってきます。

 

愛犬、愛猫の体を気遣い病院へやってくる飼い主さんが、聞きたいことも聞けないと自分自身を攻め、家に帰って後悔や不安に駆られている姿を想像すると、何か出来ないものかと毎回のように考えてしまいます。

 

ある病院では診察室に担当医・動物看護師の2名が入っています。

看護師はその場では第三者となり、飼い主と獣医師の両方向を見ることが出来る為、診察後、待合室や受付での飼い主の心身のケアが行き届き、また飼い主も間に第三者がいることで目線も看護師に向けることで比較的リラックスでき、話しやすい空気にもなるようです。

 

病院に合った方法を取り入れると、2名が診察に入ることは難しい所も多いかもしれません。

その場合は待合室での気配り・心配りの意識を高めるなど、接遇面でのサービス向上も取り入れられるのではないでしょうか。

飼い主の勇気こそ必要なのかもしれません。

しかし、病院を求める飼い主や動物がいるからこそ、病院や職業の存続が可能なのではないでしょうか。

飼い主のペットに対する意識も、時の流れに合わせ徐々に高まっています。

医療従事者として、想像ではなく、まずは本当の飼い主の声に耳を傾けて欲しいと感じます。

VTブログ

何事も興味を持つこと

得意分野を伸ばすことは、動物看護師としての自信やモチベーションにも

繋がってきます。

トリミング、栄養学、行動学など興味がある分野が見つかると、ただ忙しい毎日を過ごすよりもきっと充実した毎日が過ごせると思います。

興味がある、と思ったら早速セミナーへ参加したり専門書を読んだりと前へ踏み出してみるのはどうでしょうか?
動物看護師は食事管理やしつけのアドバイスなど、医療に関わること以外にも様々な知識を持つことが大きな強みになってきます。
しかし、全部を吸収しようとすると負担にもなりますので、興味がある、と感じたら積極的に関わり、途中で飽きれば気持ちを切り替えて他の事に専念しても良いと思います。

途中で学ぶ対象を切り替えても、その期間学んだ知識は自分にとってプラスになりますし、いずれまた知りたくなればまた振り返れば良いと思います。

私は、「興味をもつこと」がとても大切な事だと知りました。
そして、その出会いは突然現れるんだということも実感してきました。

例えば、自分で気付いていなかった事を誰かに誉められたときに、もっと伸ばしたいと思うこともあれば、ある患者さんや院長との出会いが、この知識を取り入れて協力したい、貢献したいとの気持ちから学び始めた事もあります。

忙しい日々に追われながらも、色々な事と向き合っていくと、そのうちに必ず「これだけは負けない、負けたくない」と思える自分にとっての得意分野が 見つかるはずです。

もちろん、それが受付対応、飼い主さんと話すこと、ポスターを作るなど直接動物に関わらないことでも、私は勤める病院や周囲のスタッフ、患者さんにとって、影響を与えられる非常に重要で素敵な事だと思います。

VTブログ

接遇セミナー「クレーム対応の極意」

本日はクレーム対応のセミナーへ参加して参りました。

世の中には本当に色々な人がいて…

クレームを受けると誰もが嫌な気持ちになる、と思っていました……が

捉え方次第で、実は簡単にクレームを操れるかも!と思えるようになりました

その為に、セミナーの内容を振り返り、率先して学んだ事を活かし自分の経験値にしていくことが必要です。

そしてクレーム対応の目的を改めて考えると、対応に失敗があっても、怒鳴られても引きずる必要はなく、その失敗を次に活かせるような強い気持ちと勇気をもって挑む姿勢が対応力向上のカギだと思いました。

学んだ本人だけでなくスタッフ・社員が共通の認識を持って対応できるようになると、より良い形になるのだと感じます。

まずは自分の出来ることから習慣にしていこうと思います。

 

「感謝は3回、お詫びは5回」

言葉で気持ちを伝えるのはとても難しいですが、クレームを嫌な電話と受け止めず、親身になって心から耳を傾ける。

そして、「逃げたい!」と思わずに「感謝とお詫びの気持ちを心から伝えたい!」と相手に背中を向けない姿勢を心がけよう思います。

まずはクレームにならないように最善の努力をすることが一番!

「いざというときのクレーム対応力を身に付けよう」セミナーを受講しての感想でした★☆

VTブログ

チームリーダーの仕事術

数年前、看護師リーダーに任命されたとき。

患者さんの為に、病院の為に、リーダーシップをとって貢献できるのか。

考えればきりが無いほど不安だらけでしたが、

自分一人で突っ走ってはチームワークも乱れてしまいます。

まずは「どんなリーダーになりたいか」を考えました。

働きやすい環境とは何か、信頼関係は築けているか。

もちろん業務の内容も大切ですが、

常に周りのスタッフに寄り添い、悩み、要望、色んな話に耳を傾けます。

ある書籍の中に

「リーダーに大切なのは素質よりも、周りを支えて行くという熱意と責任感」

と書かれていました。

当初は、私がリーダーなんて大丈夫かなぁ・・と、

見えない未来に自信を持てないでいましたが、

病院、周りのスタッフを思う気持ちと責任感は誰にも負けない自信がありました。

 

リーダーの経験を経て学んだことのうちの2つが

・自分の評価は自分自身ではなく、周囲から得るという事。

・周りのスタッフの協力があってこそ、リーダーの仕事は成り立つのだということ。

その協力を得るために、自ら周りの声と心に耳を傾ける姿勢、そしてどんな評価の内容であっても、自分の姿と向き合う姿勢は自分を成長させる上で非常に重要で貴重な事なんだと実感しました。

 

参考になった書籍の中で一番始めに呼んだものがこちらの「チームリーダーの仕事のルール」。

人数も多くなると、目的を合わせることは簡単なようでとても難しいことです。

協調性を育む事は「仕事の効率化」や「情報の共有」へと繋がり、結果的に

仕事のミスを防ぐことにも繋がっていきます。

このような身近な内容が取り上げられています。

全てを取り入れる必要はありませんが、この本の中に1つでも参考になることがあれば

ぜひ明日から取り入れてみて下さい。

 

当初、私が辿り着いた先は「少しでも飼い主さんと動物たちが居心地が良いと感じる環境を作りたい。」

皆の中にあった想いを、この先も全員がその気持ちを持ち続けられるような環境づくりをしていきたい。

そう考えながら一歩ずつ進んでいた頃の自分が懐かしく感じます。

当時を振り返り、今の私にとって1つの大きな課題となっていること。

それは、ただ優しいだけでは勤まらない「優しさの力加減」。

今は自分らしさを引出しながら、その力加減を意識して向き合うことが

日々の課題となっています。

VTブログ

動物看護師としてビジネスマナーを学ぶ

動物看護師は動物と接するよりも、

人と関わる時間の方がはるかに長いです。

その中で動物看護師は、

飼い主さんの心のより所にもなり、

飼い主さんと獣医師の橋渡しと言う重要な任務を担っています。

 

そこで、飼い主さんとの信頼関係を築く上で欠かせない事は、

「丁寧、親切な応対」。

飼い主さんが来院された時には、気持ちよくお迎えし、帰られる時には安心感を与える。

大切な命を預かる動物病院で、飼い主さんに安心感を与える事は、動物看護師の大切な役割だと言えます。

過去に私が行った他の動物病院では、

看護師さんは挨拶の時に顔を見てくれず、説明も早くて聞き取れない。

別の年配の方に対しては何の配慮もない対応で、周りから見ていると、とても冷たい病院だなと言う印象でした。

一見、ビジネスマナーは動物病院とは縁の無いように感じますが、病院の窓口となる電話対応や受付業務を行う動物看護師の対応が、病院の印象に繋がります。

そのキャリアアップとして、ビジネスマナーの知識はこれから先の業務に大いに役立ち、活かす事が出来ると思います。

VTブログ

1人の飼い主さんとの出会い

動物病院に勤めて3年経ったある日。

私はある一人の飼い主様から待合室で声をかけられました。
「うちの子、目が白く濁ってきちゃった…。」

その時の悲しげな声や、表情を見て、私は何と言ってあげたら良いか。

すぐに返す言葉が見つかりませんでした。
「目が見えなくなる」恐怖心、飼い主さんのショックは、計り知れないものだと思います。
それ以来、視力が低下した動物とどのようにして付き合っていけば良いのか、

恐怖心やストレスはどう軽減させてあげられるか。

不安や悲しみの中にいる飼い主さんになんと言ってあげるべきか、
反対に、関心のない飼い主さんには、今の状況をどう伝えていけば良いのか。
一人の飼い主さんとの出会いがきっかけで、私の目線から、かけてあげられる言葉を、日々考えるようになりました。

しかし、自分一人では基本的なことしか知ることができません。

飼い主様や動物が、私の知らなかった世界を教えてくれて、そこで初めて気が付くことがあるのだと感じながら、毎日を過ごしています。

VTブログ

ペットの高齢化と動物看護師としての役割

日本で飼われている犬の約半数がシニア世代で占めており、

ペットの寿命も年々伸長傾向にあります。

その背景には、食生活の変化や動物医療の発展などがあり、

今後も動物病院のニーズは高まって行くのではないでしょうか。

そして動物病院において必要不可欠な動物看護師の存在。

飼い主さんと獣医師の橋渡しをする看護師は、飼い主さんの目線に立ち、

ペットとたちと向き合いながら幅広い日々の業務をこなしています。

高齢化が進んで行く未来に、飼い主さんとペットの心の拠り所となり

頼れる存在である動物看護師は、今後も更に重要な役割であると思います。

VTブログ

「聞く」と「聴く」

後輩に何から教えてあげよう…

リーダーとして何からすべきか…

 

などと言った、上司ならではの不安を感じているご相談を、春の季節にはより多く、頂きます。

 

仕事を教えてあげることも大切ですが、その前に、まずは信頼関係を築くことがとても重要です。

 

新入社員さんは、誰もが経験があるように、極度の緊張感に襲われて出社しているはず。

当時の心境を思い出してみると、もうあの緊張感は味わいたくないなぁなんて思ってしまいます。

 

①相手に関心を持って接する気持ちが、距離を近づけ、信頼にも繋がっていきます。

 

本人自らが聞く姿勢もとても大切ですが、個人の価値観はさて置き、

後輩が悩みを抱え込んだり、あるいは聞きづらいからといって確認を怠ってしまわないよう、相談しやすい環境作りと、看護師全体でサポートできる体制を整えることが大切です。

 

そこで、信頼関係を築くためのポイントの1つ「話の聴き方」

 

聴くという字には、耳、目、心という意味が含まれています。

 

ただ聞くのではなく、最後まで相手の話に耳を傾け、視線、仕草や行動にも注意を払い、そして、相手の言葉の背景にある感情を受け止めること。

 

これを、「傾聴」と呼びます。

 

共感的な姿勢で。

自分の意見を押し付けない。

 

急がず、焦らず、良い関係作りは信頼関係から!

 

信頼関係を築いた先に、教育が待っています。

まずは相手を知る努力をした上で、相手に合った教育方針を考えると良いのではないでしょうか。