Q&A

Q.仕事を辞めたい…と考えてしまったら??

長年同じ職業に就いている人でも

「辞めてちがう仕事に就きたい」

「この業界から離れたい」

と、一度は考えたことがある人も多いのではないでしょうか??

 

実は私も昔、思ったことがあります。

 

このような相談を受けたとき、私はその考えを否定しません。

 

本気で考えてる人は、きっとたくさん悩んで、たくさん考えて相談してくれたのだと思います。

 

以前相談を受けたとき相手の方の話を聴いていたら、「このまま辞めたら後悔が残るのでは…」と心のどこかに不安を感じている様子がありました。

 

なんで辞めたいと思うのだろう??

 

色んな話を私にしてくれましたが、その中に、まるでトゲのごとく心に突き刺さっているものがありました。

 

そのトゲと向き合うことができれば、新しい気付きがあるかな!と、思いながら何度か会話をしました。

今はその方は転職を経て、充実した日を過ごしています。

会話の中に本人にしか感じない気づきもあったようで、結果的に自分で答えを見つけ出しました。

 

そのお手伝いができて良かったと、更に仕事にもやりがいを感じてくれたことが、とても嬉しかったです。

 

 

そのトゲの存在を本人が分かっていても、気づいていなくても、まずは話を聴きながら一緒に見つけ、一緒に向き合っていきます。

そして最後には、相手が問題の答えを自分で導き出すことが出来るよう、お手伝いをします。

 

 

決断する前に話を聞いてもらいたいと思って話を切り出す人、私の考えを聞きたい人など様々ですが、決める権利は本人が握っています。

 

私はその途中の道作りで、お手伝いをさせていただきます(*^^*)

Q&A

Q.動物看護師ってどんな職業?

多くの動物看護師は、動物病院においてケガや病気をしている動物、老齢動物などに対する治療や診察の介助、検査、入院動物などこれから回復するための援助や飼い主に対して予防や日常生活のアドバイスを行います。

非常に広範囲の業務を行いますが、その内容は各動物病院の環境によっても様々です。

 

動物看護師の役割で第一に重要な事は「動物の状態を獣医師に報告する」こと、

そして「獣医師の指示に従い動物の看護を行うこと」です。

その為には、動物看護師として看護技術や能力を身に付けなければなりません。

また、食事やしつけ、予防など飼い主さんはたくさんの悩みを持っています。

心に寄り添い、言葉に耳を傾けることで安心や信頼を与えることも大きな役割です。

 

動物看護師は飼い主と獣医師の橋渡しをする重要な立場となります。

動物が好きという気持ちだけでなく、人と接する事が苦手な方も徐々に慣れて行かなければ厳しい職業です。

院長、スタッフ、飼い主さんなど人と関わることが多く、コミュニケーションが業務中は特に重要となります。

命と向き合う現場では辛い事もありますが、その中に大きな喜びもあります。

動物看護師は多くの動物と飼い主さんの人生に関わり、希望を与え支えとなる、遣り甲斐ある職業だと思います。

Q&A

Q.スタッフ間の連絡について

  • 相談:現在動物病院に勤めて3年が経ちます。スタッフは院長合わせて11人、やや大きめの病院です。

今悩んでいることは、スタッフ全員に連絡事項が届かないことです。

後になって、「知らなかった」「聞いていない」という言葉が飛び交い、私としては、自分から聞けば良いのに…と思うこともしばしば。

円滑に連絡が回るには、どうしたらよいでしょうか。

 

  • 回答:人数が多くなればなるほど、連絡を行き届かせるのは大変ですよね。

報・連・相という言葉を聞いたことがあると思いますが、仕事上、この3つが上手く行かないと、業務に支障が出るだけではなく、飼い主さんに対しても、迷惑をかけてしまうことがあります。

個人的な見解として、人数の多さは実はあまり関係がなく、スタッフ全員の意識の共有と方法次第で、円滑に周るのではないかと思います。

今はどんな方法で情報の共有を行っていますか?

ミーティングの方法や、お休みの人への伝達方法などを見直し、なぜ「聞いてない人がいる環境になっているか」を考える必要があるのかもしれません。

しかし、今は少なくとも相談者さんと、周りの一部のスタッフとの温度差があるようです。

先輩など、同じように問題視している人がいれば、相談や協力をお願いしてはいかがでしょうか。

「自分から聞けば良いのに」と思う気持ちも分かります。

伝達方法の問題だけではなく今の問題に対する意識の低さがあれば、ミーティングなどで議題として取り入れてみると宜しいかもしれません。

いつか改善しないと、いずれまたこういった問題は発生します。

全員が納得できるシステムにするのは難しいですが、①問題だと気が付くこと②その問題を取り上げ、話し合うこと③意識を変え、実践することで、少しずつ行動に移せば今よりも確実にストレスは軽減され、良いシステムに繋がるはずです。

相談者さんのように、問題視し、変えなければと思うことが何よりも大切な一歩だったと思います。

他人の意識を変えることは難しいですが、目的は飼い主さんの為だと言うことを忘れないで頂けたらと思います。

協調性が問われる内容ですので、一人で抱えては大きな負担になってしまいます。上司に相談を持ちかけるなど、どこに問題があるのかを話し合うところから少しずつ進めてみて下さい。

Q&A

Q.ドッグライフカウンセラーとは何ですか?

ドッグライフカウンセラーは、動物医療従事者からペット愛好家の方まで、幅広く取得することの出来る資格です。

この資格を生かして職に就く人もいれば、現在専門分野に携わる人も、復習を兼ねて知識を蓄えることが出来ます。

以下はHPより引用したものです。

「ドッグライフカウンセラーとは、愛犬との暮らしに必要な知識を伝えると共に、犬によるトラブルのない近隣社会を構築できる知識を持った人たちの称号です。

犬の飼い主さんたちとその愛犬がいつまでも健康で豊かな生活を送ってもらうために、病気予防やお手入れ方法だけでなく、しつけの諸問題や困った行動の直し方、近隣との上手なマナーの守り方など、愛犬との生活上必要なすべての相談にのります。」

(社会動物環境整備協会HPより引用)

 

Q&A

Q転職について

  • 相談:新卒で動物病院に就職してもうすぐ8年が経ちます。今の仕事も好きですが、
  • これから先、年齢や結婚や出産を考えると、時間や体力的にも働き続けることが出来るかとても不安です。
  • もし転職するのなら、早いうちがいいのでしょうか?

 

 

  • 回答:ご相談頂き、ありがとうございます。女性ならではのお悩みですね。
  • 私も以前同じように悩んだことがありますが、実際に、その時になってみないと分からない事も多いと思います。
  • 女性にとって、結婚や出産は環境が大きく変化するタイミングです。
  • その時、ご自分一人の考えではなく家族と相談をすることも大切ですし、また目標が今とは変わり、考え方も今とは違っているかもしれません。

今の仕事が好き、仕事を辞めたくないと言う気持ちがあるのであれば、無理に退職をしなくても方法はあります。産休や育休を取って会社に復帰する人もいれば、復帰をしたものの体力的に厳しければその時点で転職を考える人もいます。もし今楽しく働けているのであれば、今は存分に好きな仕事をし、将来的に継続が厳しい状況が来ればその時が転職のタイミングなのではないでしょうか。

人それぞれ転職のタイミングは異なり、結婚前に転職したい!他の企業で勤めたい!など、新たな目標が見えた時に初めて転職を視野に入れる人もいれば、今回のように結婚、出産を機に時間の拘束が少ない場所へ転職したり、経済的な面で転職する人もいます。

また、動物病院以外も視野にいれ、自分なりに資格を生かした仕事の仕方を見つけることも良いと思います。道は必ずその人の前に現れますので、今は楽しむこと、セミナーなどに参加しモチベーションを高める、好きな分野を伸ばすなど考え、行動しながら、色んな可能性、方向性を見つけ出してはいかがでしょうか。

いずれ今の悩みや努力もご自身の糧になり、退職する日が来ても、きっと今よりも満足した結果が得られていると思います。ぜひご自身の気持ちを信じて進んで下さい。

 

Q&A

Q.看護師同士の関係性

  • 相談:動物病院へ就職して約1年が経ちますが、同じ時期に入社した同い年の子がいます。

入社時から仲が良く、尊敬できる所もたくさんあります。しかし、その子はとても積極的で仕事も早い反面、私は人見知りで失敗ばかりです。その度に落ち込み、だんだん同期の子との距離も空いてしまうように感じています。競争心も芽生えている気もして、そんな自分にいら立ってしまいます。

この先どう接したら良いのでしょうか。(A.T/ age:20)

 

  • 回答:ご相談ありがとうございます。

同期の方の事も気にかけていらっしゃることが余計に自分自身にプレッシャーを与えていらっしゃるのでしょうか。

相手の方は積極的で仕事が早いという長所があるようですが、Aさんにもきっとご自分で見えていない長所があるはずです。

実は競争心が芽生えてしまうことは自然なことであり、相手の方もAさんに対して焦りの気持ちをお持ちかもしれません。私は相手の方のAさんに対する焦りの気持ちも、仕事に対して積極性や仕事の速さに表れているような気がします。

Aさんが落ち込むことがあったとき、人見知りと感じるのはどんな時でしょうか?

きっと相手の方も同じ時期に入社し、仕事の中で不安に感じていることがあると思います。

まずは1つだけで良いので、Aさんの悩んでいることを同期の方に打ち明けてみるという

方法もあります。

同期の方との距離は、お互いの競争心という新たな感情が作り上げてしまったものかもしれません。

競争心は良くも悪くも自分自身にプレッシャーを与えるものです。

まずはAさんから一歩進んで相手に距離を近づけると、

今感じている関係性とは違う感情に気が付くかもしれません。

そしてAさんの、相手との関係性を考える所は、思いやりの気持ちの表れだと思います。

周りから見えるご自分の良い所はぜひ素直に受け止めてくださいね(*^_^*)

Q&A

Q,卒業後の進路について

・相談:来年トリマー科を卒業するのですが、動物看護師として就職したいと思っています。

看護師の資格が無いと難しいですか?

 

・回答:お問い合わせ頂き、ありがとございます。

もちろん、美容科を卒業していても動物看護師としてお勤めになることは問題ありません。

ただし、動物病院によっては「動物看護師の資格が必要」と募集要項に記載している場所もありますので、確認は必要です。

また、動物看護師の資格は国家資格ではなく、民間団体の発行する資格です。

卒業時に取得していなくても、通信教育で取得することも可能ですので、働きながら資格取得に向けて目標を立ててはいかがでしょうか?

トリマー業も出来る看護師は業務の幅も広がり、ご自身の強みにもなります。

ぜひ自信を持って進んで貰えたらと思います!

頑張ってくださいね(*^^*)